CONCEPT

お化粧品についての考え方

お肌に負担をかける不必要なものは入れない「JAPAN品質」を守る。
オイルフリー・アルコールフリー・界面活性剤フリー
Association.JAPANは効果を最大限発揮させるための下地(土台)を造り、世界トップクラスの導入技術でお肌に必要な成分だけを届けます。
良い意味で期待を裏切る『今までのお化粧品の常識を超える』本物のお化粧品を創り続けます。
流行に流されない、いつまでも愛され必要とされるお化粧品を展開しています。

人間は細胞の集合体

なぜ人は老い、シワやたるみができるのでしょうか?それらを改善することはできないのでしょうか?細胞説にもあるように「細胞はすべての生物の構造および機能の単位であり、いわば生物体制の一次的要素である」細胞が生物の構成の単位であるというのは、あらゆる生物の体が細胞を単位として形成されている、ということである。より具体的に言うと、生物の体は、細胞か、かつて細胞であったものか、細胞が分泌したものの積み重ねと組み合わせで作られている、ということである。
人はある一定の年齢に達すると細胞がどんどん減少し、老いてゆきます。という事は、細胞さえ減少しなければ『老い』や『悩み』を無くすことができるという結論に辿り着きました。

そして、幹細胞は『細胞の元』です。
しかし、老化(内因性)や、ストレス・光老化(外因性)により細胞は失われ、生まれ変わるスピードも遅くなってしまい、さらには細胞が減少したことにより体内の抗酸化酸素が減り、活性酸素(細胞の毒 ※呼吸をするだけで発生)を除去できなくなってしまうため、魔のスパイラルに陥ってしまうのです。
しかしこれからのお化粧品は「老化の悪循環を根本から断つ」ことできる画期的な次世代コスメです。

今までのお化粧品
「サポート成分で補う」

コラーゲンやヒアルロン酸を塗布し、一時的に成分を「補う」という方法でした。ですがそれでは根本的な解決にはなりません。オーガニックなどにいたっては細胞を活性化させる成分はなく、「細胞を活性しているようだ」と曖昧なものが使用されてきました。肌が肌を守るために防衛的をおこさせるものでしかなかったのです。細胞は、細胞が活性しないことには生まれません。細胞活性をするにはレセプターという鍵穴に、リガンドという鍵が必要です。化粧品業界も製薬会社も今までずっとそのリガンド(鍵)を植物から探していましたが当然合うはずがありません。

これからのお化粧品
「補うではなく、蘇らせる」

技術の進歩により、人のレセプター(鍵穴)に合うリガンド(鍵)を見つけることができました。それらを使用し、細胞を活性化させ、「老化の悪循環を断ち、肌を蘇らせる」ことができます。自らの細胞が細胞を作ってくれます。
人から抽出した「幹細胞」だから怖い!というお声もいただきますが、脂肪から抽出した培養液ですので感染症になるなど、その他悪影響を及ぼすことは一切ございません。ドナーの選別から約8ヶ月もの間、お薬同様の厳しい検査を繰り返し行っておりますのでご安心ください。

PAGE TOP